シェイプビクトリー 効果的な使い方

シェイプビクトリーの間違った使い方【効果的な使い方は?】

シェイプビクトリー 効果的な使い方

 

履くだけで痩せると大好評のシェイプビクトリーですが、使い方によっては効果がないどころか、逆効果になることも!

 

せっかくシェイプビクトリーを使うなら、正しく効果的な使い方をしたいですよね。

 

ここでは、シェイプビクトリーの間違った使い方と効果的な使い方についてお伝えします。

 

効果的な使い方をすることによって、より早く効果を実感できるようになりますよ。

 

では、まずは間違った使い方からみていきましょう。

 

シェイプビクトリーの間違った使い方

 

シェイプビクトリーは就寝中に履くようになっています。

 

なかには早く結果を出したいと思って、1日中(お風呂の時以外)履いてしまう人もいるようですが、これは間違った使い方です。

 

1日中腰回りが加圧されることになるので、逆に血流が悪くなってしまいます。

 

シェイプビクトリーを1日中履いているという状態は避けたいですね。

 

シェイプビクトリーの効果的な使い方

 

では、シェイプビクトリーの効果的な使い方についてです。

 

もちろん、就寝中に履いているだけで2週間ほどで効果を実感する人が多いのですが、効果的に使うことで、より大きな効果を得られるでしょう。

 

その効果的な使い方を2つご紹介します。

 

骨盤体操をする

 

シェイプビクトリーは腰回りに適度な圧力をかけることによって骨盤を矯正し、代謝をあげてダイエット効果を得るという商品です。

 

シェイプビクトリーの効果を高めるためには、骨盤の位置を正しくする努力をちょっとだけ足してみるという考え方ですね。

 

骨盤体操といっても、まったく難しいものではなくて、寝転んだ状態で膝を立てて、体をゆらゆら揺らすだけです。

 

苦しくもないし、「こんなんで効果あるの??」と思ってしまいますが、そう感じるくらいでOKです。

 

寝る前にシェイプビクトリーを履いた状態で、このこの骨盤体操を毎日やってみましょう。

 

これがシェイプビクトリーの効果的な使い方その1です。

 

お風呂でリンパマッサージをする

 

次にシェイプビクトリーの効果的な使い方というよりは、シェイプビクトリーを履く前にやっておきたいことですが、お風呂に入ったときに脚のリンパマッサージをするようにしてみましょう。

 

足の裏から、くるぶし、ふくらはぎ、膝、太ももの順番でリンパマッサージを行います。

 

お風呂で行うことで、よりリンパの流れがスムーズになります。

 

リンパマッサージを行うことで老廃物の排出が促進されます。

 

お風呂でリンパマッサージを行ってから、寝る目にシェイプビクトリーを履いて寝ることで、より血流、リンパの流れがよくなり、代謝アップにつながります。

 

リンパマッサージをするのが面倒という人は、シェイプビクトリーを履いた状態で湯舟につかるというのもありです。

 

お風呂の温度、水圧、シェイプビクトリーの圧力が相乗効果となって、体の巡りを良くしてくれます。

 

実際に、加圧スパッツ、レギンス入浴法というのがありますからね。

 

履いて寝るだけでも効果は実感できると思いますが、ちょっとした手間をかけて、より効果的な使い方をすることで、より大きな効果を感じることができると思いますよ。

 

>>シェイプビクトリーの詳細はこちら